石塚桜子 - NO ART NO LIFE TOKYO

石塚桜子

 

「万物の理論」に人間という生命体は到達しうるのだろうか。進化する人間に潜在する原始心性。生命として一般的に終わるという現象すら「原子」として存在する。「無」という概念は幾多の語り継がれである。虫眼鏡のレンズが光を集めて焦がすように私の生きている意識と感情、感覚を通して平面絵画を媒介して創造したい。 

 

1975 香川県高松市に生まれる

1997 (財)佐藤国際文化育英財団第7期奨学生

1999 東京造形大学油絵具象コース卒業

2003 島田荘司著「透明人間の納屋」(講談社)に表紙絵、口絵、挿絵など20点掲載

2005 島田荘司著「エデンの命題」(光文社)表紙絵担当

2006 「島田荘司全集」(南雲堂)第1巻月報表紙絵専任担当

2010 ドイツ・ベルリン滞在 ~“11

2012 佐藤美術館において個展を開催

 

1999年~2021年で個展12回。 グループ展など多数

instagram

ブログに戻る