SOU - NO ART NO LIFE TOKYO

SOU

NO ART NO LIFE TOKYOに参加いただくことが決まった「SOU」さんをご紹介させていただきます。

作品のジャンル
 ミクスドメディア

生まれた年
 1966年

出身地
 日本

作品のコンセプト

時代と日々流れる移ろいゆく時間の中で、目に見えないけれどもしっかりと存在している音楽のような『詩的な物』を可視化する衝動。
例えば過去から未来へと進む『時間』という概念も、一方的な矢印として過去から未来へと『』表示されるのではない。
存在する周りを取り巻くように『ただそこにある』。
私の代表作である
Time to cling』(まとわりつく時間)は、
不動に見える樹皮を金属的なイメージの『時間の概念』がまとわりつく様子を現わしている。
情報に翻弄されインターネットが進化し、物事のとらえ方が画一的になっていく。
思考する根本の教育や環境が、すでに頭上からドリルでねじ込まれてしまっている私たちは、『言葉』を発し均整を保つ。
SOU』の生み出す作品が、何気ない日常の中で『はっ』とする『変化』のきっかけになれれば。
そのような気持ちで、私の中にあるポエジーが指し示す世界を表現できればと考えている。

GAZE
Stare your eyes
Open your eyes

 経歴

10代の頃から『表現』することへの意欲が強く、アパレルデザインや音楽業界を目指し紆余曲折を得て、30代初めに自身の経営するインテリアショップをデザイン施工する。
インテリアの販売をメインとしていくつもりが、そのショップのデザインを機に、ショップデザインの仕事が舞い込み、いつしか空間デザイナーとして活動。
北海道に200作品以上の空間をデザイン・クリエイトする。

50
歳を過ぎた頃から、クライアントの意向や予算の制限の中で表現をする事に『さよならしよう』と考えデザイナーからアーティストへ転身。

2021

今まで経験した空間デザインの手法・表現を元に、何にも捕らわれない自由な表現を手に入れる。

想像の海が決壊し、溢れる勢いで精力的に活動中です。

 今後の決定スケジュール

2022年 8月『independent Tokyo 2022』参加
 
    9月 ルクセンブルク美術館 コンペ出品
 
    1213日~札幌 単独個展
 
2023年 56日 横浜赤レンガ倉庫 
GOLDEN ART COMPETITION IN YOKOHAMA』出品
 
 
2024年 5月 1か月 シンガポール 
THE FLUXUS HOUSE  アートギャラリーにて単独個展

 

これから進めたいこと

今後は東京他、機会があれば日本中どこでも個展を開催。バリ島にも仕事の関係があるので、個展を開催できるように、と考えています。
中国での販売サイトへも登録になる予定、グローバルに展開できればと考えています。
 20年近く空間デザインの法人を立ち上げて生業にしてきました。
空間は持ち運んで違う場所で見せる事はできないので、絵という手段を手に入れどこでも個展を開催できる事に嬉しく思っています。
この度、このような機会をいただきグッズを通して私の絵を身に着けてくれる方がどんどん増えてくれるように、精力的に活動したいと思います。
個展では、グッズの現物を展示して、QRで御社のサイトへ飛んでもらってグッズを買っていただく事もできますし、とてもうれしいです。

代表作品
Time to cling

 

Instagram

ブログに戻る